高脂血症 脂質異常症 違い

高脂血症と脂質異常症の違いとは

スポンサーリンク

高脂血症は、脂質異常症に改名されたという通説がありますが、厳密にはことなります。
確かに、「高コレステロール血症」「高脂血症」「脂質異常症」は、いずれも血液中の脂質成分が異常値になっている状態を指しています。

 

まず、「脂質異常症」ですが、次の3つのうち1つでも当てはまると、脂質異常症と診断されます。

 

空腹時の血清中濃度として、

 

 ・LDLコレステロール(悪玉コレステロール):140mg/dL以上
 ・トリグリセライド(中性脂肪):150mg/dL以上
 ・HDLコレステロール(善玉コレステロール):40mg/dL未満

 


スポンサーリンク


これらの脂質のうち、何が異常値となっているかにより、「高コレステロール血症」または「高脂血症」に分類されます。

 

「高コレステロール血症」とは、LDLコレステロールが140mg/dL以上の状態です。

 

「高脂血症」とは、「高コレステロール血症」もしくはトリグリセライドが150mg/dL以上(高トリグリセライド血症)のいずれか、または両方である状態です。

 

このように、「脂質異常症」とは「高コレステロール血症」と「高脂血症」を含んだ病名で、2007年から使われるようになりました。

 

 

脂質異常症は血液中に余分な脂質が多くなる病気です。動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高くなります。

 

一般的には「血液がドロドロの状態」、それが脂質異常症といってもいいでしょう。

 

脂質異常症には、自覚症状はほとんどありません。

 

そのため気づくのが遅れ、ある日とつぜん心筋梗塞などの発作におそわれる人が少なくありません。

 

発作を防ぐには、毎日の生活(食事や運動)に気をつけることと、健康診断などで「脂質異常症の疑いがある」といわれたときは、放置せずに早めに受診して医師の指導を受けることが大切です。


スポンサーリンク