高脂血症 診断基準 ガイドライン

高脂血症の診断基準ガイドライン

脂質異常症の判断基準は、次のとおりであることを前に記事の中で示しました。
・LDLコレステロール(悪玉コレステロール):140mg/dL以上
・トリグリセライド(中性脂肪):150mg/dL以上
・HDLコレステロール(善玉コレステロール):40mg/dL未満

 

大部分の高脂血症は、多様な遺伝的素因、すなわち単一の遺伝子異常ではなく、いわゆる体質と食生活の欧米化や運動不足などを原因として、 成人以降に発症します。

 

高血圧症と同様に,高脂血症を放置した場合と治療した場合、特にLDLコレステロールを下げた場合では、後者の方が動脈硬化による合併症、つまり狭心症,心筋梗塞の発症率が低く、長生きできることが、証明されているのです。

 

治療の第一番目は生活習慣の改善、具体的には食生活や運動など。これを十分に行った後も高脂血症がつづく場合には、継続した薬物治療が必要になります。

スポンサーリンク



高脂血症は高血圧症や糖尿病と同様に、治るか治らないか、という言葉で表現される疾患ではありません。 例えば胃潰瘍は治る病気であり、また再発することがあります。

 

これに対して高脂血症などの疾患は、「生活習慣の改善などの一般療法」+「薬物療法」によって上手にコントロール する病気です。高脂血症ならば適正なコレステロール値、中性脂肪値を維持する必要があります。したがって、薬により高脂血症が治るわけではありません。

 

薬を内服している間は検査値が下がりますが、薬を中止すれば段々と元の値に戻ります。ただし血圧に比べるとコレステロールや中性脂肪の値は、生活習慣の改善により下がりやすいので、特に肥満の人は、薬を減量、中止できる場合もあります。

 

過食を避け、脂肪分の少ない食事にする、適度な運動、減量などによって改善していくのです。


スポンサーリンク