痛風 原因 高脂血症

痛風と高脂血症症の原因は同じ?

高脂血症と痛風の症状を持つ熟年層が多いと聞きます。この両者は関係があるのでしょうか。

 

高脂血症、すなわち脂質異常症は、体内や血液中におけますコレステロールの値が異常に高くなってしまっている状態のことですが、身体のどこかに痛みや浮腫などといった症状が脂質異常症が原因となって出てしまうわけではありません。

 

しかし血液の循環が悪化してしまっていることから、顔色があまり良くなかったり、目がさえない、集中力が続かなくなるなどといった症状が出てしまう症例はあります。

 

この脂質異常症と痛風は、特に食生活の共通点があるのが大きな特徴の一つとして挙げられます。このことから、痛風を発症してしまう人の約8割の人が脂質異常と診断されてしまっているのです。


スポンサーリンク


これらどちらに関しても、プリン体を多く含んでいる食材の動物性たんぱく質の肉類を普段から多く食べており、さらに毎日のようにアルコールを摂取していることが多いと言うことです。

 

このような食生活だけに限ったことではなく、喫煙や不規則な生活習慣などが重なってしまうことで、善玉コレステロールが減少してしまい、異常に悪玉コレステロールが増殖してしまうことに繋がります。

 

脂質異常症となってしまう悪玉コレステロールが増殖してしまうことで、血液循環が悪化するだけでなく、血液中に存在する細胞を硬化させてしまうことに繋がり、血栓の原因となってしまうのです。

 

血栓が生成されますと「動脈硬化症」「くも膜下出血」「不整脈」「心筋梗塞」などといった心臓病の原因となります。最悪のケースでは死に至ることもあり、運が良くても寝たきりの闘病生活を生涯送ることになります。


スポンサーリンク