高脂血症 薬 リバロ

高脂血症の薬、リバロはどんな薬?

リバロは血液中のコレステロールを減らす薬です。

 

高コレステロール血症は、血液中のコレステロールが多すぎる状態です。自覚症状がなくても、長い間に動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞の原因にもなりかねません。この薬で血液中のコレステロールを低下させていれば、将来起こるかもしれない心筋梗塞の危険性を少なくすることができます。

 

心筋梗塞の多くは、プラークという血管のコブが破れ血管が詰まることで起こります。この薬でコレステロールを十分に下げてやると、プラークが安定し破れにくくなります。心筋梗塞をすでに起こしたことのある人は、再梗塞の予防につながります。

 

肝臓でのコレステロールの合成をおさえます。悪玉コレステロール(LDL)が減少する一方、善玉コレステロール(HDL)はむしろ増加します。
血中脂質動態を改善することで、動脈硬化の進展を抑制します。


スポンサーリンク


食事療法や運動療法、適切な体重の維持、禁煙なども大切です。これらをきちんとおこなえば、薬を飲まなくて済むことが多いものです。薬を飲みはじめても、不摂生をしては意味がありません。

 

めったにないですが、初期症状等に念のため注意すべき副作用があります。医師の中に従い服用するので、問題はありませんが、予備知識として確認しておくと安心です。

 

・横紋筋融解症..手足のしびれ・けいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。
・ミオパチー..手足のしびれ・けいれん、筋肉のぴくつき、力が入らない。
・肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。
・間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
・肝機能値の異常..AST(GOT)、ALT(GPT)等の肝機能値が上昇してくる(稀に重い肝障害にいたるおそれもあるので要注意)。
・胃の不快感、吐き気、腹痛、下痢
・指のしびれ感、頭痛、発疹、かゆみ


スポンサーリンク