糖尿病 高血圧 高脂血症 食事

糖尿病、高血圧、高脂血症などの食事

高コレステロール血症(高脂血症)の主な原因は、肉類、油物中心の食生活や暴飲暴食、喫煙、アルコールの摂取、慢性的な運動不足が挙げられます。

 

元来日本人は魚類や穀物、海草類などの健康的な食事が主たるものだったため、このような問題とは無縁ではあったものの、近年における食事の欧米化によって爆発的に増加したケースであるとも言われています。

 

また、世の中に溢れる様々な便利なものによって身体を動かす必要はほとんど無くなり、運動不足の状態が常となってしまっているのも近年における大きな特徴と言えるでしょう。

 

さらに、ストレス社会とも言われるように、様々な外的要因によって極度のストレスを一身に受けてしまうと言うことも多くなり、解消手段として、喫煙量やアルコール摂取量が増加することで、血中のコレステロールや中性脂肪が飛躍的に増加してしまい、高コレステロール血症を発症してしまう、メタボリック症候群や糖尿病などの現代病とも言われる生活習慣病にまで発展してしまうケースが多発しているのです。


スポンサーリンク


高コレステロール血症(高脂血症)は自覚症状がほとんど無いものであるため、多くの場合で健康診断などから自覚することになります。

 

ただし、コレステロール値が大きく上昇していると言うことは、中性脂肪も増加して、血液がドロドロになってしまっているということです。そのため、身体が重く感じられる、疲れが一向に取れないと言った程度の症状を覚えることはあるようですが、それを一時的な疲労などと勘違いしてしまい、そのまま放置されることも多くなっています。

 

このような状態が長期間続いてしまうと、「高血圧」「糖尿病」「動脈硬化」のリスクが非常に高くなってしまいます。これは血液が正常な流れではなくなってしまうため、身体が無理に正常な活動に戻そうと血圧を上げてしまうことや、正常に糖分を分解することが出来なくなると言う事、ドロドロになった血液がそのまま流れなくなってしまうと言ったことが大きな原因となっているのです。


スポンサーリンク