高脂血症 薬 リピトール 副作用

高脂血症の薬、リピトールの副作用とは?

リビトールは血液中のコレステロールを減らす薬です.高脂血症は、血液中のコレステロールや中性脂肪が多すぎる状態です。自覚症状がなくても、長い間に動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞の原因にもなりかねません。このお薬で血液中のコレステロールを低下させていれば、将来起こるかもしれない心筋梗塞の危険性を少なくすることができます。

 

心筋梗塞の多くは、プラークという血管のコブが破れ血管が詰まることで起こります。このお薬でコレステロールを十分に下げてやると、プラークが安定し破れにくくなります。心筋梗塞をすでに起こしたことのある人は、再梗塞の予防につながります。


スポンサーリンク


この薬は医師の指導の下で処方されるので、危険はないですが、予備知識として理解願いたいのは、副作用として、注意したい点。筋肉が障害を受ける「横紋筋融解症」です。まれな副作用ですが、とくに腎臓の悪い人、高齢の人は注意が必要です。比較的多いのは腹痛や吐き気などの胃腸症状と肝機能値の異常です。肝機能値の多少の悪化はそれほど心配ないと思いますが、ごくまれに重い肝障害を起こすことがあります。ひどい倦怠感、吐き気、発熱、皮膚や白目が黄色くなるといった症状も注意すべき点。

 

さらに具体的には、肝機能値の異常とは、AST(GOT),ALT(GPT)等の肝機能値が上昇してくること、。重い肝障害にいたるおそれもあるので要注意ですが、かなり稀な副作用です。軽い症状としては、胃の不快感、吐き気、腹痛、下痢、指のしびれ感、頭痛、不眠、発疹、かゆみなどがでたら、油断せずに医師に連絡した方がいいです。


スポンサーリンク