高脂血症 薬 副作用 筋肉痛

高脂血症薬の副作用としての筋肉痛とは?

近年、生活習慣病の増加に伴い、コレステロールの薬を飲んでいる方が増えています(高脂血症や高コレステロール血症)。このコレステロールの薬には、色々な薬がありますが、主に、コレステロールが体内で作られるのを抑える薬や、食物として摂取したコレステロールを腸で吸収させないようにするなどがあります。

 

前者のコレステロールが体内で作られるのを抑制する薬には、HMG-CoA還元酵素阻害剤(エイチエムジー コーエィ かんげんこうそそがいざい)という、薬があります。
これは、コレステロールが体内で作られる過程に関係する酵素であるHMG-CoA還元酵素を阻害して、肝臓でコレステロールが作られないようにする薬で「スタチン系」の薬とも呼ばれます。特に血中のコレステロールを下げる働きをします。

 

その他、上記と作用は異なりますが中性脂肪を下げる働きが強い「フィブラート系」と呼ばれる薬などもあります。


スポンサーリンク


この「スタチン系」の薬は、商品名として主に以下のものがあります。
・メバロチン(三共製薬)
・リポバス (万有製薬)
・ローコール (ノバルティスファーマ)
・リピトール(ファイザー)
・リバロ (三共製薬 興和新薬 日研化学)

 

スタチン系の副作用として「横紋筋融解症」が有名です。
横紋筋融解症とは、筋肉が障害を受けて、質問にありました症状に近く、手足の筋肉の痛みや、だるさ・脱力感など、また赤褐色の尿が出ることもあります。

 

この尿の色の変化は、筋肉の成分である「ミオグロビン」が血中に流れ出てしまい、尿中にも排泄されるからです。そのまま放置しておきますと、腎臓にも負担がかかってくることがあります。


スポンサーリンク