高脂血症 子供 遺伝

高脂血症は子供に遺伝するか

両親のどちらかがコレステロールが高くなりやすい遺伝子を持っている場合に、子供に遺伝することがあります。この高コレステロール血症を家族性高コレステロール血症と言います。

 

家族性コレステロール血症には、両親のどちらかから遺伝子を受け継いだ「ヘテロ型家族性コレステロール血症」と、両方から遺伝子を受け継いだ「ホモ型家族性コレステロール血症」があり、どちらも高コレステロールのほかに、黄色腫が見られるという特徴的な症状があります。


スポンサーリンク


家族性コレステロール血症の総コレステロール値は、ヘテロ型で250〜500mg/dl、ホモ型で500〜1000md/dlもの値になるとされています。
正常な人の総コレステロール値(約200mg/dl)の倍以上にもなるのです。
ホモ型の場合、10代でも心筋梗塞や狭心症、脳卒中を起こす可能性が高くなってしまいます。

 

家族性高コレステロール血症は、薬物療法と食事療法を行ってLDLコレステロールを下げていきます。

 

薬物療法は、主にスタチン系薬剤とイオン交換樹脂が用いられます。

 

食事療法は、LDLコレステロールを増やす動物性脂肪を控え、植物性脂肪を摂取するようにし、食物繊維を多く摂取するようにします。


スポンサーリンク