高脂血症 脳梗塞 関係

高脂血症と脳梗塞の関係

脂質異常症は、以前は高脂血症と呼ばれていた、生活習慣病のひとつです。脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が増加した状態です。コレステロールは、ホルモンの材料になったり、細胞膜を作る、脂肪の吸収を助ける、といった働きがあり、中性脂肪はエネルギー源として働きますが、過剰になるとからだに障害をもたらします。

 

糖尿病と同様に自覚症状に乏しく、動脈硬化によって重篤な病気を引き起こすのが特徴です。
現在患者数は約700万人いるといわれており、増加傾向にあります。

 

コレステロール過多の場合はコレステロール分の摂取過剰、中性脂肪過多の場合は全体的な食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎが原因となります。それに加えて、運動不足に遺伝的素因が関与して発症します。また糖尿病では中性脂肪の産生が増加し、喫煙者では、善玉コレステロールと呼ばれ、動脈硬化を予防する働きがあるHDLコレステロールが低下します。


スポンサーリンク


改善法として、毎日適度の運動をつづけることでコレステロールや中性脂肪の値を下げることができます。食事による治療である食事療法、運動による治療である運動療法で血液中のコレステロール値、中性脂肪値が下がらない場合には専門医にかかります。

 

血液中に脂質が増えたまま長い期間を過ごすと、増えた脂質が血管の内側に少しずつたまって、血管の中にかたまりを作っていきます。そして血液の流れが滞ってしまう動脈硬化になります。動脈硬化になっても、まだ自覚症状はなく、心臓や脳の血管につまり、心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こしたり、血流が滞ることで脳卒中などがおきて、ようやく脂質異常症の危険さに気づくのが実際です。

 

しかし、ご存じのとおり、その時にはかなり危険な状態となり、命にかかわったり、身体にまひが残ったりしてしまいます。

 

日本人の死因の第2位と3位を占めているのは、心臓病と、脳卒中。これらはどちらも、動脈硬化が原因となって起こる血管の病気です。動脈硬化を防ぐことは熟年層にとってはとても重要なことなのです。


スポンサーリンク