高脂血症 薬 メカニズム

高脂血症 薬 メカニズム

HDLコレステロールは、末梢組織に過剰に蓄積した過剰なコレステロールを取り去り肝臓に運び、処理する働きを持っていることから、このため善玉コレステロールと呼ばれています。

 

したがって、HDLコレステロールが高い場合(高HDL血症)、動脈硬化抑制作用が強く、長寿に繋がると言うことで、従来「長寿症候群」として考えられていました。しかし最近の研究では、必ずしもそうでもない場合があることが分かり、その特殊性もクローズアップされてきました。 

 

通常、高HDL血症という場合は、100mg/dl以上を指し、わが国でも1000人に1人位は存在すると言われています。 今までは、アルコールの多飲や種々の薬剤投与、つまりステロイドホルモン、インスリン、HMG−CoA還元酵素阻害剤などが原因で、原発性胆汁性肝硬変症に続発したり、運動などでHDLコレステロールが上昇する事が知られていました。


スポンサーリンク


しかし最近の研究で、遺伝的にある種の酵素蛋白(CETP)が欠損して生ずるCETP欠損症という状態が特にわが国で多く見られ、HDLコレステロールの上昇の原因の一つとして注目されています。問題はこのCETP欠損症の場合、冠動脈疾患保有率が高いという報告も見られており、今後この状態に動脈硬化を伴いやすいことが明らかになる可能性があるからです。

 

ただ現在のところ、CETPの検査手段が確立しているわけではなく、疫学調査も不十分であり、高HDL血症のはっきりとした治療方針もないといわれています。したがって、一般的には、従来通りのLDLコレステロール値を基準として治療し、高HDL血症単独の場合は、定期的な動脈硬化性疾患のチェックで経過を見ても良いと考えられています。


スポンサーリンク