高脂血症 中性脂肪 症状

高脂血症 中性脂肪 症状

高コレステロール血症(高脂血症)は自覚症状がほとんど無いものであるため、多くの場合で健康診断などから自覚することになります。ただし、コレステロール値が大きく上昇していると言うことは、中性脂肪も増加して、血液がドロドロになってしまっていると言うことでもあります。そのため、身体が重く感じられる、疲れが一向に取れないと言った程度の症状を覚えることはあるようですが、それを一時的な疲労などと勘違いしてしまい、そのまま放置されることも多くなっています。

 

このような状態が長期間続いてしまうと、「高血圧」「糖尿病」「動脈硬化」のリスクが非常に高くなってしまいます。これは血液が正常な流れではなくなってしまうため、身体が無理に正常な活動に戻そうと血圧を上げてしまうことや、正常に糖分を分解することが出来なくなると言う事、ドロドロになった血液がそのまま流れなくなってしまうと言ったことが大きな原因となっているのです。

 


スポンサーリンク


高コレステロール血症(高脂血症)は体内における深刻な異常のひとつです。出来るだけ早期に改善が出来るよう、定期的な健康診断は受け、生活習慣を見直し、改善できるところから早期に改善を促すなどするように心がけなければなりません。

 

自覚症状はほとんど無く、せいぜい「最近疲れが取れない」「身体が若干重く感じる」程度の軽微な場合が多いようです。そのため、悪化していく状態を延々と放置してしまい、気が付けば大きなトラブルにまで発展してしまっていたと言う事例は決して少なくありません。

 

高コレステロール血症の症状を放置し続けてしまうと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など命に関わる問題を併発してしまうリスクが高くなるほか、生活習慣病を併発させる可能性が飛躍的に高まってしまいます。そもそも高コレステロール血症自体が生活習慣病のひとつでありながら、それに気が付かないというケースの方が圧倒的に多いのが事実なのです。

 

早期発見の難しい症状でもあるため、定期的な健康診断を受けるなど、常に自身の身体をチェックしておく必要があるでしょう。


スポンサーリンク