高血圧 高脂血症 食事 レシピ

高脂血症の食事

もし高脂血症(脂質異常症)を発症してしまった場合、動脈硬化などの命に関わる問題にまで発展してしまう前に直ちに病院にかかり、適切な治療を受けなければなりません。症状を改善するための方法として、常日頃から生活習慣を改善していく必要もあります。

 

そのために最も重要なのは食生活の改善であり、特に現在、肉類や油物が食事の大半を占めている、アルコールの摂取量が多くなっていると言う場合は、それらをできる限り抑制するように早期に見直すようにしましょう。。


スポンサーリンク


まず、高脂血症の主な原因は中性脂肪の増加と悪玉コレステロールの増加に伴う血流の乱れ、血液がドロドロになっていると言う状態が慢性化してしまっていることです。これを改善するためには、中性脂肪とコレステロールを減らす必要がありますが、その際に取り入れて行きたいのが青魚や海藻類、タマネギやゴボウなどの根菜類です。

 

特に青魚には中性脂肪を減らし、コレステロール値を下げるEPAとDHAが多分に含まれており、必ず摂取したい食材のひとつでもあります。さらに血液をサラサラにする成分が多いワカメなどの海藻類やタマネギ、大根などを加えたサラダを用意すると言うのも効果的でしょう。高脂血症(脂質異常症)の改善のために高価な食材を用意する必要はありません。身近にある食材で十分改善することが出来ます。その他に血液サラサラ効果が期待できる食品として、納豆があります。納豆に含まれている血液をサラサラにする成分「ナットウキナーゼ」にその効能が期待できます。


スポンサーリンク