高脂血症 治療薬 ガイドライン

高脂血症の治療薬ガイドライン

コレステロ−ルは体内の脂肪成分のひとつです。動脈硬化を促進することから、健康に対して悪影響を及ぼす悪役のイメ−ジばかりがクロ−ズアップされがちですが、その一方でコレステロ−ルは身体の細胞やステロイドホルモンの材料となり、また食物の消化・吸収に必要な胆汁酸の原料となるなど、生命の維持に必要な重要な物質でもあります。

 

脂肪は水や血液に溶けにくく、その比重は水よりも軽い。コレステロ−ルは血液中では蛋白質にくるまれたリポ蛋白という粒子になっています。衣服の汚れを水になじませる洗剤を考えてください。リポ蛋白には、からだの各部にコレステロ−ルを供給する働きを持つものがあり、供給するものが多いと動脈硬化が促進されます。逆に回収するものが多いと動脈硬化の進行が抑えられます。供給するタイプのリポ蛋白に含まれるコレステロ−ルを悪玉コレステロ−ル(LDLコレステロ−ル)、回収するタイプのリポ蛋白に含まれるコレステロ−ルを善玉コレステロ−ル(HDLコレステロ−ル)といいます。

 

動脈硬化は子供のときから無症状で発症し、進行するので『沈黙の病気』と呼ばれています。年齢とともに進行しますが、生活習慣によって、動脈硬化は進行します。その結果、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、脳血管疾患(脳出血・脳梗塞)などの病気を起こしてきます。

 

悪玉コレステロ−ルは血管の内皮細胞を通過しやすく、血管の壁に沈着しマクロファ−ジというおお食らい細胞に取り込まれ、泡沫細胞を形成してコレステロ−ルを蓄積し、これらが集積して粥状硬化、すなわちアテロ−ム硬化の初期病巣のプラ−クを形成し、その周囲に色々の細胞が集まり動脈硬化巣を形成していきます。しだいに血管の内側が狭くなり、血栓などが詰まりやすくなります。すると、臓器に酸素や栄養分が十分に行き渡らなくなり、狭心症や心筋梗塞などを起こしてきます。

 

中性脂肪は、生体内で最も量の多いエネルギ−源で脂肪組織に大量に蓄積されています。生体内のエネルギ−は通常、糖質により供給されていますが、糖質が不足した場合に備蓄エネルギ−として中性脂肪が利用されます。糖尿病ではブドウ糖が利用されにくく、皮下脂肪などに蓄えられた中性脂肪が分解して出来る脂肪酸が使われるので、糖尿病では血液の脂肪酸が増加します。これが肝臓に行くと糖とともに再び中性脂肪の合成材料となるので血液中の中性脂肪が高くなります。


スポンサーリンク


高脂血症の治療としては、経過観察期であれば食事療法で、改善までの様子を診ますが、医師の診断医より治療が必要となれば、薬物療法になります。

 

1.適度な運動

 

無理のない運動、早足歩きなどを毎日続けましょう。運動は中性脂肪を減らし、HDLコレステロ−ルを増やす効果があります。

 

2.たばこをやめる。

 

喫煙者はたばこをやめた方が良い。喫煙はHDLコレステロ−ルを低下させます。

 

3.食事療法

 

コレステロ−ルの多い食品は控えめにし、甘いものはほどほどに、食物繊維やビタミンを多くとりましょう。

 

4.薬物療法

 

医師の判断で治療が必要となった場合、小腸でのコレステロ−ルの吸収を妨げたり、肝臓でコレステロ−ルが合成されるのを抑制するなどの作用を持つ薬が処方されます。

 

一般に多く使用されている薬はコレステロ−ルの合成を抑制するスタチン系の薬です。 商品名としてメバロチン、リポバス、リバロ、ロ−コ−ル、リピト−ル、クレスト−ルという薬などがあります。


スポンサーリンク